いまさら聞けない会計実務シリーズ【資産除去債務 Part5】

資産除去債務の5回目の解説です。

資産除去債務のポイントは、下記の3ステップに分類されます。

1、対象科目・対象債務の抽出
2、資産除去費用の見積り
3、資産除去債務算定シートの作成

今回は「3、資産除去債務算定シートの作成」について解説してまいります。

資産除去債務算定シートの作成は、(1)割引率の算定 (2)資産除去債務額の算定を行ったのちに(3)利息費用の算定 (4)減価償却費の算定を行い、各期の会計処理に必要な数値を算定することになります。

前回は(1)割引率の算定 (2)資産除去債務額の算定まで解説しました。

3、資産除去債務算定シートの作成

(3)利息費用の算定

(4)減価償却費の算定

有形固定資産の取得時点での資産除去債務額を基礎に取得時以降の各年度において会計処理を行うための「利息費用」と「減価償却費」を算定します。費用額を算定するためのシートの作成が必要となります。


jokyo5-1

 

 

 

 

 

 

 

jokyo5-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記前提に基づく各年度の会計処理は下記のとおりとなります。

①本社ビル移転時(=資産除去債務発生時)

(単位:円)

(借)

建物附属設備

106,348,902

(貸)

未払金

100,000,000

 

 

 

 

資産除去債務

6,348,902

 

②最初の期末(2014年3月末【3ヶ月分】)

-時の経過による資産除去債務の増加-

(単位:円)

(借)

費用(利息費用)

17,729

(貸)

資産除去債務

17,729

 

-資産計上した除去費用の減価償却費-

(単位:円)

(借)

費用(減価償却費)

106,344

(貸)

減価償却累計額

106,344

 

③翌事業年度末(2015年3月末)

-時の経過による資産除去債務の増加-

(単位:円)

(借)

費用(利息費用)

71,115

(貸)

資産除去債務

71,115

 

-資産計上した除去費用の減価償却費-

(単位:円)

(借)

費用(減価償却費)

425,376

(貸)

減価償却累計額

425,376

 

今回までで資産除去債務の基本的な流れの解説は終わります。次回は、資産除去債務に係る注記について解説します。


関連記事

ページ上部へ戻る