25年3月決算会社の1QにおけるGCは17社

適時開示

レビュー報告書におけるGCの記載は,「継続企業の前提に重要な疑義を抱かせる事象又は状況の存在」について,監査人が,売上高の著しい減少や継続的な営業損失の発生,営業キャッシュ・フローのマイナス,債務超過などの要因を総合的に判断して行うことになっています。なお17社中16社の理由として継続的な営業損失の計上が上げられています。

関連記事

ページ上部へ戻る