Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

企業会計基準第29号 「収益認識に関する会計基準」等の公表(企業会計基準委員会)

April 16, 2018

企業会計基準委員会は平成30年3月30日付けで企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」等を公表しました。

 

従来我が国では実現主義の原則のもとに収益が認識されていましたが、収益認識に関する包括的な会計基準はありませんでした。
一方、国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計基準審議会(FASB)では共同して収益認識に関する包括的な会計基準の開発が行われ、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益(IFARS第15号、Tppic606)」が公表されました。
このような背景を受け、我が国においても収益認識に関する包括的な会計基準の開発に向けて検討が重ねられ、「収益認識に関する会計基準」が正式基準化となりました。
 

平成33年4月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首から適用(平成30年4月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首から早期適用可)となっています。

 

詳細は下記企業会計基準委員会ウェブサイトをご参照ください。

https://www.asb.or.jp/jp/accounting_standards/accounting_standards/y2018/2018-0330.html?utm_source=submitmail&utm_medium=440

 

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

タグから検索